スタッフブログ

2018年10月30日

電気自動車の魅力を味わえるイベント

電気自動車に未来を感じるあなた!!

こんにちは、PHV・EV充電器Pro.です。

 

11月3日にEVを中心にエコカーの普及活動を進める一般社団法人日本EVクラブが「第24回日本EVフェスティバル」を茨城県・筑波サーキットコース1000にて開催します。

 

ポルシェ916などをEV化し、手作りEV車による1時間耐久レースを開催。また、電気レーシングカート「ERK」を用いた30分耐久レース、あらゆるEV車を展示しておりEVの今を感じられるイベントです。

 

市販EV車のタイムアタックや、市販最新モデルのサーキット試乗会も行っており、EV車を実際に体験することが出来、モータースポーツの楽しさを味わうことが出来ます。

 

 

また、日本EVクラブ創設のきっかけになった、20年前に誕生した電気フォーミュラーカー「電友1号」もデモラン。日本の電気自動車の歴史を感じることが出来ます。

 20181023-10353259-carview-000-1-view.jpg

 

 

 

 PHV・EV充電器Pro. では
急速充電器・6kW充電器・EV充電コンセント

カーポート・防犯カメラ・防犯ライトなどなど
電気自動車に関わるコトをトータルにご提案します。
 
 
是非、我々にお任せください。
ご相談・お問合せお待ちしております!!
 

2018年10月16日

テスラ宇宙を走る

テスラに興味をお持ちのあなた

こんにちは、PHV・EV充電器Pro.です。

 

今回は、アメリカのテスラ・モーターズのCEOであるイーロン・マスクが手掛ける宇宙企業、スペースX社が「ファルコン・ヘビー」の発射に成功しました。

その機内にテスラのEVスポーツカーである「ロードスター」が積み込まれ、太陽を巡る軌道に載る演出を行いました。

 

ロードスターが搭載された背景として「宇宙空間に車を持っていったらどうなる?」というイーロン・マスク氏の遊び心でもありました。

通常、ロケットに「おもり」として積むのは無機質で味気ない重量物が主流ですが、今回ファルコン・ヘビーの運用するにあたって「テスラを積んでみよう!」というアイデアが出され宇宙に放たれたという経緯ですが、下の写真では分かりにくいかも知れませんがCGではなく本当に宇宙を走っています。

 

この、ロードスターはこの後、永久に宇宙空間の道なき道を走り続けています・・・

テスラ 宇宙.jpg

 

実は、【PHV・EV充電器Pro】ではTESLA指定工事店として、TESLA用充電器(ウォールコネクター)の設置を行っております。

 

TESLA用充電器(ウォールコネクター)の設置についても、お気軽にご相談・お問い合わせお待ちしております。

 

 

PHV・EV充電器Pro. では
急速充電器・6kW充電器・EV充電コンセント
カーポート・防犯カメラ・防犯ライトなどなど
電気自動車に関わるコトをトータルにご提案します。
 
是非、我々にお任せください。
ご相談・お問合せお待ちしております!!
 
 
PHV・EV充電器Pro.
http://www.evcharger-pro.com/

2018年10月11日

リチウムについて

EVのバッテリーについて興味がある、あなた!!

PHV・EV充電器Pro.です。

 

現在、急速な成長が見込まれている電気自動車ですが、電気自動車はバッテリーを必要とし、そしてバッテリーにはリチウム必要になってきます。

 

リチウムとは様々な金属の中でも最も軽く、エネルギー密度が高く、このような特性は、バッテリーの素材としてとても適していること示しています。

 

実は、世界で採れるリチウムは自然界に存在する形状によって、「塩水のリチウム」と「岩石のリチウム」に分かれます。塩水のリチウムは主に南アメリカのアンデス山脈に奥深くに分布し世界の50%がここに存在しています。

 

ここでは、リチウムを含む塩水を地下からポンプで汲み上げ、それを天日で乾かしていく自然にやさしい生産方法で、高品質なリチウムを採取できます。

 

一方、岩石のリチウムはオーストラリア、カナダ、中国に分布しており、ここでは巨大な掘削機を使用し岩石を切り出し、リチウムだけに分けていくとても資本集約的で品質も低品質です。

 

EVがこれから急速に普及していき、世界で販売される車の50パーセントがEVになるだろうと言われています。(2018/10/9時点)

 

EVの性能の中でも特に重視されるのが、「一回の充電でどれだけ遠くまで走ることができるのか?」という走行距離であり、向上させるにはバッテリーの性能を改善していく必要があります。改善させるには高品質のリチウムが必要となってきます。

 

これからのEVの性能に注目していきたいですね!

 

 PHV・EV充電器Pro. では
急速充電器・6kW充電器・EV充電コンセント
カーポート・防犯カメラ・防犯ライトなどなど
電気自動車に関わるコトをトータルにご提案します。

是非、我々にお任せください。
ご相談・お問合せお待ちしております!!

2018年10月09日

e-POWERについて

e-POWERについて???なあなた、こんにちは

PHV・EV充電器Pro.です。

  

今回は、少し前からよく耳にするようになりました、e-POWERを解説します。

 

 

e-POWER搭載した車は大出力モーターのみで走行します。このe-POWERは一般財団法人省エネルギーセンターが主催する「平成29年 省エネ大賞」において、「省エネルギーセンター会長賞」を受賞しました。

 

e-POWERの仕組みはモーター、インバーター、バッテリー、エンジン、発電機で構成されています。またエンジン出力を使って発電機を回し電気を作り出し、その電気を使ってモーターを駆動し走らせる仕組みです。

 

電気自動車.png

e-power.png

 

 

電気自動車の場合は大容量のバッテリーに蓄えられた電気を使ってモーターを駆動しておりe-POWERのように発電は出来ないので充電が必要になります。

 

また、e-POWERはエンジンとタイヤはつながっておらず、100%モーター駆動となります。このe-POWERは日産 ノートやセレナに搭載されています。

 

どうでしょうか?参考になりましたか?

 

 

 PHV・EV充電器Pro. では
急速充電器・6kW充電器・EV充電コンセント
カーポート・防犯カメラ・防犯ライトなどなど
電気自動車に関わるコトをトータルにご提案します。
 
 
是非、我々にお任せください。
ご相談・お問合せお待ちしております!!
 

2018年10月03日

ポルシェが作った充電ステーション

ポルシェ好きのあなた、こんにちは!

PHV・EV充電器Pro. 

 

本日はポルシェが作った充電ステーションについてご紹介したいと思います。

  

ポルシェは電気自動車のセダン「Taycanタイカン」の発売計画に先立ち、全米に充電ステーション網を構築させ、この充電ステーションは400kmを走行できる電力をわずか15分で供給でき、複数のモジュールで構成させており、美しさと機能性を兼ね備えています。

 

運転手が操作するのは白と黒に塗られたクレーンのようなモジュールです。ここにはケーブルと10インチのタッチスクリーンが取り付けられています。

 

ポルシェはこの充電システムを、米国の200近いディーラーに設置する計画をしており、この数でEVを買いそうな富裕層が暮らして車を利用している地域をカバーできると言っています。

充電料金はまだ発表されておりませんがが、ドイツでは一ヶ所の充電ステーションで無料提供しています。

02-Porsche_Charger-1.jpg

※写真はイメージです。

  

いかがでしたでしょうか?

  

日本でも急速充電器の普及が進んでいますが、充電時間が30分~40分で全体の80%までしか充電が出来ません。

これから日本でも普及が進めば、ポルシェが開発した急速充電器相当の充電器が現れてくるのではないでしょうか?

 

これから先が楽しみです。

PHV・EV充電器Pro. では
急速充電器・6kW充電器・EV充電コンセント
カーポート・防犯カメラ・防犯ライトなどなど
電気自動車に関わるコトをトータルにご提案します。
 
 
是非、我々にお任せください。
ご相談・お問合せお待ちしております!!

べてお任せ下さい!電話でもお気軽にお問合せ下さい フリーダイヤル0120-07-6868 お見積り・ご相談はコチラ お見積り無料